名刺デザインの作るときのポイント

ビジネスに欠かせないアイテム「名刺」

ビジネスマンにとって欠かせないアイテムの一つが、自分の名前や肩書などを相手に伝えるための名刺です。初対面の相手にも自分を覚えてもらいやすくなりますし、様々な場面で役立てることができます。ひと昔前までは名詞と言えばごく普通の白地に黒い文字でプリントされたものが一般的だったのですが、最近ではより印象を残しやすくしたり個性を出すために名刺のデザインに凝っている会社もあります。名刺のデザインはある程度自分の好きなように決められるのですが、作成する場合にはいくつか注意しておきたいポイントもあります。ここを抑えておかないと、相手に不快な思いをさせてしまったり、名前や肩書など必要な情報をしっかり伝えることができなくなってしまいます。せっかく作成するのですから、効果的なデザインにするように注意しておきましょう。

 

名刺デザインにメリハリを

余白を設けて名刺デザインにメリハリを

作成時のポイントとしてまず挙げられるのは、余白を十分に取るということです。余白があるともったいないような気がして、模様や色を付けてしまうことが多いのですが、余白があることでプリントされている文字が目立つという重要な役割もあるのです。ゴチャゴチャしたデザインの中に名前があっても、相手はなかなかそこに注目しづらいものです。十分に白い余白を取り、文字を目立たせるようにしましょう。

書体のサイズで、伝えたい情報を際だたせよう

次に、相手に特に伝えたい部分のフォントを大きくして印象付けるという点です。一般的には自分の名前になりますが、その場合は会社名や肩書よりも一回り以上大きな文字にすることが必要です。このほか、メールアドレスなど特に強調しておきたい情報がある場合は、他の文字と比べてすぐに目につくように大きなフォントにしておくようにしましょう。

このようなポイントに注して作成することで、より相手の目を惹いて覚えてもらいやすい名刺にすることができます。業種によってはシンプルなレイアウトのほうが印象が良くなりますし、アパレル系ではオシャレな方が好印象となります。業種によっても内容を変えるなど、色々と工夫してみましょう。