チラシデザインを美しく仕上げるコツ

美しいチラシデザインとは

美しいチラシは、見やすいレイアウトで制作する必要があります。相手が見た時に、わかりやすいチラシデザインをしていると、見てもらえる機会が増えてきます。相手の目を引くチラシにするために、レイアウトを考えずに文字やイラストや写真などを掲載してはいけません。情報が見にくくては、せっかく制作したチラシを見てもらうことが難しくなることもあります。何を伝えたいのかをハッキリするためには、写真やイラストを大きめに配置するとわかりやすくなります。大き目の写真やイラストの下の部分に、文章を見やすく配置すると情報を伝えやすくなります。

 

美しいチラシデザインとは

チラシの色使いに気を配ろう

チラシデザインを美しく仕上げるには、チラシに使う色にも注意する必要があります。美しく見せるために、色を使い過ぎてしまうことは逆効果になってしまう場合があります。カラフル過ぎるチラシは、見た人に情報が伝わりにくくなります。美しいチラシにするためには、使う色を3色位までにして制作すると見やすいチラシになります。チラシには、文字や写真など多くの情報が掲載されます。1枚のチラシに多くの情報を収めるため、無理に写真や文字を押し込めて製作してしまうことも良く見られます。しかし、無理に情報を入れてしまうと、まとまりのない見にくいチラシに仕上がってしまう可能性もあります。

写真やイラストを効果的にデザインに取り入れよう

見やすく美しいチラシを制作するためには、写真やイラストや文字などを揃えることも大切です。写真などを揃えてあると、見やすく相手に伝わりやすいチラシデザインになります。チラシに使用するフォントによっても、チラシデザインは大きく変わってきます。

フォントのチョイスも大切

フォントの種類は豊富にありますが、使い過ぎるとまとまりのない見にくいチラシになってしまうので、フォント選びも大変重要になります。1枚のチラシで使用するフォントの数は、色と同様に3種類位にすると良いでしょう。伝えたい情報に合わせて、フォントを選ぶことが大切です。面白さを伝えたい時はポップ体、わかりやすく強調したい時はゴシック体、真面目な印象を与えたい時には明朝体などのフォントを選ぶと、相手に伝わりやすい美しいチラシになります。

デザイン性の高いポスターやチラシに共通する特徴

ポスターやチラシを製作するのであれば、効果が期待できる物でなければなりません。集客効果や販売効果がある物を作る事で、売り上げにつながります。効果の高いポスターやチラシに共通するのはどんな部分があるでしょうか。ポスターやチラシ内には、文字などの情報を入れるようになりますが、何が伝えたいのかが大切です。

シンプルなロゴデザインを作成するメリット

シンプルなロゴデザインを作成するメリットはなんでしょうか。まずは作成する側のメリットです。凝ったデザインも人の目に留まりやすく印象も残りやすい場合もありますし、インパクトが強いものもありますので目的によっては必要になります。作り甲斐もありますし、作成中も楽しい物でしょうが、何といっても時間がかかります。画材も多く使用することになりますし、申請期限が迫っている場合は作成に時間がかかると焦ってしまう事もあります。

名刺デザインの作るときのポイント

ビジネスマンにとって欠かせないアイテムの一つが、自分の名前や肩書などを相手に伝えるための名刺です。初対面の相手にも自分を覚えてもらいやすくなりますし、様々な場面で役立てることができます。ひと昔前までは名詞と言えばごく普通の白地に黒い文字でプリントされたものが一般的だったのですが、最近ではより印象を残しやすくしたり個性を出すために名刺のデザインに凝っている会社もあります。

ロゴマークを作ることの意味

企業がロゴマークを作ることの意味としては、まずは企業や商品の認知度を上げることにつながると言うことが挙げられます。たとえば企業の場合、難しい名前であったり堅苦しい名前、あるいは英語の名前であった場合、なかなか広い人にそれを認知してもらうのは難しいことも考えられます。あるいは企業名から連想されるイメージと、手がけている商品の内容が合致しないことも少なくありません。

Recommend

広告デザイン制作

デザイン事務所AMIX

印刷物のデザイン依頼

デザイン制作ならASOBO DESIGN

ロゴマーク作成なら

ロゴ制作のLOGOLO